読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年頭所感2015

あけましておめでとうございます。

多事多端ゆえに、2014年のことはあまり覚えていません。
ザッケローニ監督に指揮を教えたことと、ミラーレスカメラを買ったことだけ覚えています。
なので、カメラのことと、今年の楽しい予定だけ書きます。


付け焼刃のうすっぺらいド素人の知識でミラーレスカメラを買いました。
適当な構図で、いい加減にシャッターを押しても、広告っぽい写真が撮れる。こりゃー、みんな勘違いしますね。「おれ作家なんじゃね?」って。
たくさんいるもんな。嬉々として良いカメラを携えてるおっしゃれ~な子。
すごいんだよ、ホント。今のカメラ。
だからこそ、(テクトロジーの進化と同時に)重要になるのは、対象物と自己との関係性や、欲望のバイアスにまみれた構図や時間(シャッターを切る瞬間)、
距離への智覚みたいなものなんだよね。つまり作家性。

しかし、ぼくは作家じゃないので、軽佻浮薄なカメラライフ、超楽しいです!ありがとうソニーα6000!


2月の中旬にヨーロッパに行きます。
パスポートの刷新と、航空券を手配した。よもや五年ぶり。
差し当たりローマに降りて、UKまで飛んで、そこから南下しつつ考えよ、と粗放なプランを立てたのだが、
wifiのある場所と、友人宅を転々とすることを考えると、
ローマ→ロンドン→パリ→ベルリン→ケルン→(できればアムス)→ミラノ→フィレンツェ→ローマになりそうです。
近所に住んでる人は連絡ください!

およそ一カ月間、漂浪しながら仕事をするわけだが、
ノマドだとかDIYだとか、そんなことはどうでもよくて、(日本列島最高だし)たまにはワークライフバランスに風穴を開けるような刺激が欲しい、やはり。
グローバルにシフトするためではなくて、むしろつくづく地縁的でありたいのです。
当時、友人たちが気ままに訪れて、自由に出ていくオープンな空間を作りたくて、隔月で自宅でスヤマカフェを開催していたのだけれど、
近い将来、ヨーロッパの長閑な田舎にでも家を買って、皆が自由に使える半公共的(パブリックで地縁的で、手作りの砦のよう)な場所を作りたいと思うようになってきました。

ただし、これはただの思いつきで展望もクソもないので、流行りのクラウドファンディングにはならないし、おそらく賛同者も皆無なので、自分でお金貯めてます。


ecritより
新刊のお知らせは下記をご参照ください。
http://e-ecrit.com/press/mesancetres/book.html


年末年始、かつてないほどに、暴食をしつづけたので、明日からファスティングしようと思います。

pavutのHPを刷新しました。
http://www.pavut.jp