読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印象

「リケジョ」の何が悪いんだよ。理系に女性が少ないという事実にフォーカスしただけのキュートなレトリックだろう 。言語自体に差別的含意はないよ。発語する人間の心のうちにのみ、蔑視的心性が宿るだけだ。 良識とか倫理ってそういうもんでしょ。ポリティカリにコレクトな人って、けっこう頭悪い。

イタリア人は、白い肌のひとをアスパラガスといって笑うけれど、(バカンス行けなかった貧乏人)アスパラガスにも、白い肌にも差別的な含意はない。 ある対象の、ある状況に向けて発語した瞬間に、侮辱的な記号として機能する。 邪悪な差別は語彙の選択によってではなくて、文脈においてのみ機能する

 

追記

ーーー

「まさか、あの人がそんなこと」ということは滅多になくて、
「やっぱり、そのうちやらかすと思ってました。」という事例のほうが多いと思うんだよ。
小保方さんの捏造改竄行為、どうもわたしの腑に落ちない。あの人、そんなことするか?そんなバカなこと。

例えば、わたしが捏造行為を働いたら、100人中2000人くらい
「知ってた!」となるじゃないですか。声を揃えて。むしろ大合唱で。
佐村河内を擁護してるくらいだし。しょうがない。

でも、世界中が注視するような世紀の大発見を告知するときに、ちょっと調べたらすぐバレるような「ズル」をするわけがない。
誰でもわかる、そんなこと。
重箱の隅をつつくような粗探しをされることは絶対に分かっていたはずだ。
・・・
陰謀論は挙げたらきりがないし、不愉快で気持ち悪いけれど、
「邪悪な権力による妨害」という物語に今回は与してしまう。
「悪」に対して、彼女はナイーブに過ぎた。そういうことだと思う
妄言と言われようが、そういう感じがする。
誰も助けてくれないよな。わかるよ。でもがんばってくれ。わたしは切に応援している。